ネット特化型銀行のパイオニア

ネット銀行というと皆さんどう思い浮かべますか?実店舗のないインターネットが窓口の銀行を思い浮かべませんか?ジャパンネット銀行は2000年に開業いたしました。主にインターネット上での取引をメインとして開かれた銀行です。最初は知名度も低いものでした。やはり銀行というと窓口があってそこでいろいろな手続きや相談ができると思われていたからです。それを覆したのがジャパンネット銀行でした。でも当初は口座開設率も低いものでした。やはり窓口がない分不安も皆さんあったことでしょう。ところが、インターネット大手検索会社との提携により、使い勝手が良くなってからは急速にその口座開設率を伸ばしました。今ではネット銀行のかなりのシェアをジャパンネット銀行が持っているといっても過言ではありません。それだけあっという間にジャパンネット銀行という名前が浸透したのです。今では口座を持っている方も多数いることでしょう。なんといってもジャパンネット銀行の魅力は、24時間いつでも利用できるという点です。コンビニエンスストアのATMで24時間引き出しや預け入れが可能だったり、インターネット決済も簡単に出来るようになっています。そこがジャパンネット銀行のよさではないでしょうか?開設申込も簡単ですし、何より1週間で利用可能という速さはインターネット銀行業界大手ならではのスピードではないでしょうか?誰でも1つは持っていたいネット銀行、それがジャパンネット銀行といえましょう。

全てインターネットで完結

ジャパンネット銀行はネット特化型銀行ですので口座開設や入出金明細、振込みなど全てのことがインターネット上で完結することが出来ます。もちろん、携帯電話をお持ちの方、最近増えてきたスマートホンをお持ちの方でも全てそこで手続き等が出来るようになっているのです。とても便利ですね。窓口がなくてもコールセンターがありますので困ったときやカード紛失の際はそちらに電話すればいいのです。口座開設時の身分証明書はスマートホンをお持ちなら専用亜プロがありますのでそこから書類画像送るだけです。今インターネットは当たり前の時代、こうしたネット特化型銀行が増えた理由はそこにあるんですね。でもまだまだネット特化型銀行は少ないほうだと思います。そんな中ジャパンネット銀行はネット特化型銀行の草分け的存在として頑張っているのです。例えば住所変更の手続きをしたい、と思ったらジャパンネット銀行にログインした後の口座情報欄より変更箇所を入力して、ワンタイムパスワードに表示された数字を入力すれば済んでしまうのです。もう印鑑を持って銀行の窓口へ行かなくてもいいのです。そういったところはネット特化型銀行の特徴といえましょう。キャッシュカードの暗証番号変更もインターネットの画面上から出来ます。これも忙しくて窓口にいけない人にとってはいい手続き方法ですよね。このようにまだまだメリットはありますが、ジャパンネット銀行は口座開設から始まるいろいろなことが全てインターネット上で完結できるのです。

誰でも気軽に申込できる

ジャパンネット銀行は、15歳以上の方なら誰でも口座を開設することができるのもメリットのひとつです。仕事を持っていない主婦の方でもジャパンネット銀行の指定する書類が提出できれば誰でも申し込むことができるのです。他のネット銀行だと、成人していないとだめとか制約がありますが、ジャパンネット銀行にはそれはないのです。それはありがたいことですよね。インターネットオークションに参加したいけど口座登録が必要な場合などに助かりますね。なんせジャパンネット銀行の口座さえ持っていればすぐに出来るのですから。それだけ今はジャパンネット銀行が皆さんの暮らしの中に浸透しているのです。申し込みも簡単です。ネットローンを申し込まなければ手続きはすぐに終わります。後は書面(印鑑を押さなければならないのでどうしても必要)PDFを印字して送ればいいのです。もしスマートホンをお持ちでない方はそのときに身分証のコピーを添付すればいいのですからとても簡単です。後は1週間ほどでカードとパスワード発行の機械が届きます。普通の銀行だと15歳未満でも保護者の同意があれば口座開設は出来ましたが、ジャパンネット銀行は15歳以上でないとだめというところはちょっと制限がありますね。そこさえこれからクリアしていけばいいのですが。ネット銀行ならではの制約がきっとあるのでしょう。15歳以上になって、ネット銀行が持ちたくなったらまずはジャパンネット銀行を申し込んでみてくださいね。

ワンタイムパスワード制

ジャパンネット銀行がなぜ支持されるのか、それはこのワンタイムパスワード制をとっている点にあります。これは口座に対し1つ発行される小さな数字発行機なんですが、このワンタイムパスワード制を取り入れたことで、インターネットオークションや買い物時の決済などの必要時に表示された数字を打ち込むだけで簡単且つ安全に手続きができるというものなのです。以前はジャパンネット銀行も乱数表を使っていました。ただそれではセキュリティの面が甘いと判断したのでしょう。数年前からこのワンタイムパスワード発行機を導入したのです。ワンタイムパスワードは、その名のとおり1分間しか数字が出ません。しかも数字は1分毎にどんどん変わっていきますので暗証番号にプラスしてワンタイムパスワードを入力することにより本人認識が容易にできるのです。そのワンタイムパスワード機もシリアルナンバーを最初に登録しないと本人のものであると認識できないため、非常に安全といえるわけです。これなら万が一のカード紛失でも安心ですね。紛失時にはワンタイムパスワード機も新しいものに発行しなおしてもらえますから。ここがジャパンネット銀行と他のインターネット銀行との違いといえましょう。このワンタイムパスワード制のおかげで、インターネット大手の口座登録の際にも本人認証が容易にできるようになったのです。ワンタイムパスワードは新たな身分証明のひとつにもなっているのですね。

口座を開設してみよう

では早速ジャパンネット銀行の口座を開設してみましょう。まずは氏名、住所、連絡先などを入力していきます。会社員の方でなくともその他を選択すると身分証明書さえあれば誰でも開設手続きを進めることができるのです。これがジャパンネット銀行の特色ともいえましょう。口座申込にかかる時間は約5分から10分程度でしょうか?後はスマートホンをお持ちの方は本人確認書類送信アプリから本人画像と撮影して送るだけ、持っていない方でも確認書類のコピーを同封するだけです。あ、印鑑は必要になります。もしご自宅にプリンターがない場合は郵送にて申込になりますので少々お時間がかかってしまうかもしれません。プリンターがある方はサンキューメールにPDF出力のためのURLが記載されていますのでそれを選択して必要な書類を印刷するだけでいいのです。とても簡単ですね。口座開設は、前述のように15歳以上であれば誰でも簡単にこうして開くことができるのです。これがネット特化型銀行の特色といえましょう。ただし、開設時になんら問題があったときはお断りされてしまうかもしれませんのでその点だけ注意しておけば後はカードとパスワード発行機が送られてくるのを待つのみです。その2点が届けば、あなたもジャパンネット銀行が利用できるわけです。利用時にはパスワード機のシリアル番号を登録する必要がありますのでそれだけは忘れずに。それがないとこの機械は本人のものではないと認識されてしまいますので。以上を踏まえて、まずは気軽にインターネットから開設手続きを進めてみてください。